【夢を掴もう】タレントになりたいならオーディションを受けよう

芸能界に入るには

ウーマン

きちんとアピールしよう

子供が将来なりたい職業には、パティシエ、スポーツ選手、タレントなど様々なものがあります。パティシエは、製菓学校で基礎を学び店舗で修行するのが一般的です。スポーツ選手は、プロ野球球団に入団するのがセオリーとなっています。では、タレントはどうでしょうか。タレントになるには、どこかの芸能事務所と契約して所属する必要があります。そして、芸能事務所に所属するには、いくつかのルートがあります。まず、芸能事務所からスカウトされることです。芸能事務所は、スカウトマンが常に、有望なタレントになりそうな人を探しています。スカウト以外で芸能事務所に入るには、オーディションを受ける方法もあります。ただし、オーディションを受ける時は芸能事務所の特徴を見極めることが重要です。ひとくちに芸能事務所といっても、モデルや俳優、お笑い、音楽など力を入れている分野が異なります。そのため、自分がなりたい分野に特化した芸能事務所を選び、オーディションを受けるようにしましょう。芸能事務所では、有名な作品やCMで起用したい人を探す時は一般公募します。一般公募には大勢の人が応募してきますので、最初は書類選考を行い10〜20人程度に絞られます。これにパスした人は、面接や自己アピール、カメラテストへと進みます。特に、自己アピールは重要なポイントですから、他人とは違う特技などで差をつけましょう。映画やドラマ作品の場合は、その役のセリフを覚えて演技するオーディションもあります。その後、合格発表となり所属事務所と契約しタレントの一歩を踏み出すことになります。

Copyright© 2017 【夢を掴もう】タレントになりたいならオーディションを受けよう All Rights Reserved.