必要不可欠

オフィスワーク

作成するための費用について

社員証は、その会社などに属していることを示すための証明書のようなもので、近年は免許証のようなカードタイプの社員証が多く普及するようになっています。これは身に付けることが用意なことと、見やすいというメリットがあります。社員証といってもその種類は単なるカードのものから、バーコード、磁気ストライプ、ICチップを内蔵したものまであります。また単なるカードのものも台紙が厚紙のものもあれば、プラスチックで出来たものまであり、その制作費もさまざまです。制作費の相場としては、プラスチックカードでは1枚だけの発注であれば1500円程度から2500円程度で作成してくれ、枚数が多くなればなるほど1枚あたりの費用が安くなります。

社員証の登場について

社員証の役割は、その会社に所属している人間であることを現すものですが、一般に社員証が普及するようになったのは2000年代以降になります。これは、1990年代ころからセキュリティという考え方が強く浸透し始めたことが影響しており、また雇用体系も正規社員と非正規社員が混在するようになったことが影響しています。それ以前のように正規社員だけであれば人事の異動もそれほど激しくなく、顔見知りとなるのが一般的でしたが、非正規社員が増えることにより人の流動が激しくなり、その点で身に付けることでその人の所属と身分が分かる社員証は非常に便利なものだからです。またICチップが安価に利用できるようになると改札装置を設置することで施設内の出入管理しやすくなるといったメリットがあり、現代では多くの人を雇用する現場で広く使われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加