可能性について

事務所

インターネットからの攻撃の可能性について

現代におけるコンピューターのインターネットに接続されていることが多くなっています。もちろん、インターネットは便利なツールですが、同時に外部から攻撃を受ける可能性があるリスクあるものです。そのため、オペレーションシステムを開発しているメーカーでは、逐次、その攻撃に対処するためのアップデートを行っていますし、ウイルス対策ソフトなどの脆弱性対策ソフトウェアも販売されています。過去においてのコンピューターの脅威というのはデータを削除してしまうウイルスソフトでしたが、現代の脅威では、コンピューター内の情報を盗み出すというものであり、これにより個人情報の流出やクレジットカードなどの決済システムが乗っ取られるといった被害を受ける可能性があります。

脆弱性対策をするためには

インターネットに接続する以上は、コンピューターに対して脆弱性対策をしっかりと行っておく必要があります。基本的な脆弱性対策の仕組みとしては、コンピューターに最新のウイルス対策ソフトを導入しておくことがあります。しかし近年のウイルスの進化は素早く、対応しきれないため100%安全とはいえませんが、おおむねほとんどの脅威から守ってくれます。またネットワーク側で不正な動きなどを検知した場合には、その通信を遮断するといった機器も登場しています。一方でインターネットに対する脆弱性対策が強化される反面でUSBメモリなどを介したウイルス感染もあります。そのため、他人から受け取ったデータを利用するさいには十分に注意する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加