予想しておく

デスク

UTMを使用するうえで大切なバックアップ

UTMは機械なので、故障してしまうこともあります。機械はいつ故障するか人間には予測が全くつきません。なので、常に気を配り、事前の対策が必要となってきます。急な故障が起こった時でも落ち着いて対処するためにも、知識を身につけておくと良いです。バックアップは非常に大切なものです。UTMが1台でも故障してしまうと、バックアップ装置を使用していなければ全てのデータが消えてしまいます。別の装置であらゆる対策をしていれば影響はありませんが、UTMには多くのセキュリティ機能があり非常に精密なので、バックアップの必要性は高いです。UTMには、機器が故障したときにバックアップの機器で動作を再び正常に行う冗長化を促す機能があります。なので、バックアップについては知っておくと良いです。

迷惑メールに困らないために

迷惑メールに悩まされている人は多いです。メールアドレスはちょっとしたことで漏えいしてしまいます。どれだけ注意深く気をつけていても、ふとした時にどこかに漏えいしているというケースは多いです。様々な工夫工夫をすることにより、防ぐことは可能です。工夫の1つとして、UTMの導入があります。最近は、有名な企業もこの仕組みを取り入れています。UTMには、外部のデータベースを評価し、メールを振り分けるという機能をもっています。その仕組みは、メールの構造から普通のメールであるか迷惑メールであるかを瞬時に判断してくれるというものです。外部データベースを活用し、分析した結果を素早く送信されます。常に最新の情報をもとに分析されるので、UTMを導入すると迷惑メールが防ぎやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加